大栄システム株式会社 
第2開発部 第1課 新宮 直

第2開発部 第1課 新宮 直 2011年  中途入社
都内にて大手生保会社に常駐

Q1.大栄システム入社を志望したのはなぜですか?

元々都内の別のシステム開発会社で働いており、縁あって大栄システムの委託として同じ開発現場で働くことになり、数年委託として働いた後に大栄システム入社のお誘いを受けました。中小企業のシステム開発会社としては、給与水準は高いですし、会社の経営基盤も安定しているので、この会社に入ろうと決めました。

私は地元が神奈川の横浜で、家も横浜です。大栄システムは茨城に本社がある会社ですが、勤務地希望は最大限考慮してくれます。都内の現場も複数あるので都内勤務希望でも安心して働けます。
 

Q2.現在の仕事内容を具体的に教えてください。

大手生命保険会社のシステム開発プロジェクトで、テストの取り纏めに携わっています。
テストの計画書作成、テスト準備及び実施中の各システム間の情報連携、調整が主な職務です。

開発部門でテストの実業務を担っていた後、テストの統括部門に異動となったため、現場の意見を取り入れ、より良いテスト環境を構築するために試行錯誤しています。

Q3.この仕事のやりがいと厳しさを教えてください。

プロジェクト全体のテストを統括する仕事なので、正しく推進出来れば全システムから感謝されます。逆に失敗はプロジェクト全体のトラブル、テストの検証不備、リリース遅延に繋がってしまいます。

プロジェクト全体に影響する資料作成、作業推進を行っているので、成功した時の達成感は大きいですし、失敗したときの影響も大きいです。

また、開発案件の内容を全て把握していないと、各システムとスムーズな意思疎通が出来ないため、覚えなければならないことも多いです。
大変ですが、無事に調整が出来たときの達成感が大きいため、やりがいがあります。

Q4.この仕事をしていて、大変だったこと、苦労したことは何ですか?

大栄システムに入社する前は、システム開発の担当者として、上司(委託元会社)の指示通りに開発作業をするだけでした。

大栄システムに入社後は、ユーザーと直接やり取りをするため、幅広い業務知識、20ほどあるシステム間の調整がとても難しく、受け身で仕事をしていた入社前とは180度違う業務でした。

社内業務も活発で、社員が快適な生活をするための安全衛生委員会や、スキル向上を目的とした技術委員会、社員の健康のためのレクリエーション委員会、社内誌の作成等などがあります。

委員会は各チームで持ち回りです。
業務繁忙な時期に、各委員会の作業や社内誌の執筆が重複したときは、身体がもたないと思うこともあります。
もちろん、社内業務も何もないとつまらない会社になってしまうので、社内活動があるのは有難いです。

Q5.この仕事を通して、成長を感じた点を教えてください。

研修制度が充実しています。会社負担で研修を実施してもらえるため、業務面でも人間面でも成長させてもらえます。

また、年1回の全社研修では数人が選ばれて、業務報告を実施します。
普段は会わない人達に理解してもらうための資料作成、説明を考える必要があるため、日常業務と繋がる表現力、資料作成力を高めることが出来ます。

Q6.入社前と入社後で「仕事」のイメージは変わりましたか?

かなり悪い言い方をしますが、入社前は茨城の方にある、一般的な中小企業だと思っていました。
鹿嶋といえば鹿島アントラーズ、それだけのイメージでした。

しかし、社員の方の作業スキルは高く、人間的にも素晴らしい方が多かったため、なぜこのような企業にこんなにすごい人達がいるのだろうと思っていました。

入社してみて分かったことですが、大栄システムは外部研修も多く、年2回の全社集会、スポーツレクリエーション、日帰り旅行等を社員自ら企画します。

イベントを自ら企画することで、前のチームが企画したイベントよりも良いものにしようと、前の方が良かったと言われないよう、全力で企画します。そのため、何事にも全力で取り組むという姿勢が全社員に無意識に浸透しています。なので、仕事においても良い影響があり、社員ひとりひとりのスキルが高いです。

茨城の一般的な中小企業に見えますが、公私ともに充実した生活、スキルアップが出来る会社です。

Q7.職場やチームの雰囲気はどうですか?

私の職場は客先であり、大栄システム社員は部長と私の二人です。

職場ではユーザーや他のシステムメンバーが主な仕事仲間となるため、他社の人ばかりです。
同世代の人とは仕事を重ねることで仲良くなり、一緒に飲みに行くこともあります。

何百人もの人と係わる仕事なので、中には合わない人もいますが、そういう人とは最低限の関わりとすれば良いので、チームの雰囲気は自分次第で決めることが出来ます。

Q8.他の会社にはない「大栄システム」のいいところを教えてください。

レク:会社旅行(日帰り)、レクリエーションなどの各行事を社員自ら企画するため、経営陣の意向を気にすることなく、色々なところに行けます。

昇進:昇進条件は、いかに会社の売上に寄与したか、客先の評価が高いか、なので、資格を持っていなくても昇進する機会はたくさんあります。もちろん資格を持っていたほうが有利ではありますが。

給与:会社の規模にしては給与水準が高いです。利益は最大限社員に還元されます。
社内行事(委員会、旅行の幹事等)を担当すると、報奨金が出ます。

学生へメッセージをお願いします。

茨城県鹿嶋市にある会社ですが、東京にも職場があります。
会社の規模が小さい分、全社員が顔見知りです。全社集会もあるので、孤独になることもありません。

中途も新卒も関係なく、研修も受けられますし、給与もそれなり以上です。(最初のうちはそれなりかもしれませんが)
私の上司は専門卒ですが部長ですし、都内に戸建を建てました。私も横浜ですが戸建を建てました。
その辺りにある中小企業とは一線を画すと思います。

東京は社員数が1割しかいないため、一緒に東京で働きましょう。五反田のおいしい店紹介します。

第2開発部 第1課 新宮 直

ある一日のスケジュール

6:30 起床

9:00 出社

9:10 メール確認

9:30 計画書の作成

12:00 昼食

13:00 システムテストの推進

16:00 全システムとの定例準備

18:00 退社

19:00 五反田グルメの会(隔週開催)

22:00 帰宅

24:00 就寝