大栄システム株式会社 
第1開発部 第2課 石津 卓也

第1開発部 第2課 石津 卓也 2015年  新卒入社
鹿嶋にて大手製鉄メーカーに常駐

Q1.大栄システム入社を志望したのはなぜですか?

就職するに当たり実家から通える範囲でシステムエンジニアの仕事を探していたのですが、その条件に合致する会社がいくつかあり、その中で最初に応募したのが大栄システムでした。

入社試験では、社長と役員2名による4者面談がありました。大栄システムを受けるまで、就職活動を特にしていなかった私は、就職活動の面談は息苦しい雰囲気を想像していたのですが、とても明るくアットホームな面談だったので、大栄システムに入社することを決めました。
 

Q2.現在の仕事内容を具体的に教えてください。

今、携わっている案件の一つにサーバー更新というものがあります。
これは古いサーバーに入っているシステムを新しいサーバーに移管しようという案件です。システムに詳しくない方でも分かるように言い換ると、建物が老朽化してきた為、住んでいる人達に対し、新しい建物を用意したのでこっちにお引越ししましょうといった感じです。

単純にシステムの移管作業となるのですが、システムが単独で完結しておらず、複数システムを跨っていたりするので、テストのフェーズが進むたびに新たな問題が発生して苦労致しました。

Q3.この仕事のやりがいと厳しさを教えてください。

私は子供の頃からプラモデルやレゴなど何かを作るという作業が好きでした。この仕事でも同じように製造したものが予定通りに動いたときは、とても嬉しいですし、達成感を感じます。

厳しさについては納期です。お客様から依頼された案件には当然納期があります。何か理由があって進捗が遅れていたとしても納期に遅れるわけにはいかず、納期が迫っているからといって品質が低下するようなこともあってはなりません。
常に納期を意識した確実な仕事が求められると思います。

Q4.この仕事をしていて、大変だったこと、苦労したことは何ですか?

常に大変だと感じていることなのですが、案件によって作るものや手法が変わりますので、その都度、知識の習得が必要となる事です。
データを扱うツールだけをとっても複数ありますので、基本的なことは大きく変わらないにしても細かい部分で違いがあったりして、苦労することは多いと思います。
そこに業務知識といった、ITの知識以外のことについても理解が必要となってくるので、覚えることは多いです。その分、自分の知らないことを学べる良い機会になります。

Q5.この仕事を通して、成長を感じた点を教えてください。

エンジニアとしての成長を感じるときは、他の方が新しいこと何かを試した際に出た問題が、自分が以前に躓いた点や困った点と同じだったときに、自分が教えてもらったように相手に教えることで自分が理解出来ていることを感じたときです。

最近、打ち合わせでお客様に説明をする際に、お客様にとって必要な情報、不要な情報を経験則から判断し説明を行いました。
打ち合わせ後に上司から「打ち合わせでの話し方慣れてきたね」と仰って頂いたときには、客観的に見ても成長しているのかなと思い嬉しかったです。

Q6.入社前と入社後で「仕事」のイメージは変わりましたか?

PCでのプログラミング作業が主な業務で一番時間を費やすと思っていたのですが、お客様との打ち合わせや、チーム内での打ち合わせも多く、意外とプログラミングをしている時間というのは少ないので、システムエンジニアという職業のイメージは大きく変わりました。

それから、デスクワークなので体力的なことの心配は全くしていなかったのですが、案件によっては納期や人員の都合で残業が多くなり、心身共に負担が大きくなるので、デスクワークであっても健康的な体と体力は重要だと分かりました。

Q7.職場やチームの雰囲気はどうですか?

私は現在、客先に常駐して仕事をしていますが、客先の上司や他社の先輩方は、皆さんITに関する知識や業務知識などを懇切丁寧に教えてくれ、さらに様々な経験をする機会を与えてくれるので、あまり会社間の壁を感じることはありません。

自社のメンバーとも休憩中には仕事以外の話などをしてコミュニケーションがとれている為、こちらも雰囲気は良く、良好な関係を築けていると思います。

仕事で大変なことは多々ありますが、自分に関わって頂いている皆さんのサポートおかげで頑張れているところは大きいです。

Q8.他の会社にはない「大栄システム」のいいところを教えてください。

真面目さと人の良さが目立つと思います。
外に出てみると分かるのですが、意外とお客様の要望に対し、考えるまでもなく断る方がいたりするのですが、大栄社員の皆さんは出来る限りお客様の要望に応えようとする姿勢が見受けられます。

また、客先などで発生する雑務に関しても、断ることなく、快く引く受け協力し合う姿勢を見ることもできました。

こういった諸先輩方の行動を見て成長していくことで、業務面の成長だけでなく、人として好かれる人材に成長していくことが出来ると思います。

学生へメッセージをお願いします。

仕事に対してネガティブなイメージを持っている方というのは結構多いと思います。ですが、仕事を始めてしまえば、案外楽しいものです。

仕事を楽しむためには、自分がしたい仕事をするということも重要な要素ではありますが、色々な事に興味を持つことも大事だと感じます。色々な仕事に挑戦し出来ることが増えていけば、より多くの仕事を任されるようになり、多くのことを学べます。
その経験が自分の自信の根拠になり、気持ちに余裕が生まれてきます。

皆さん今後も様々な困難に直面するかと思いますが前向きに1つずつ乗り越えていって下さい。

第1開発部 第2課 石津 卓也

ある一日のスケジュール

6:30 起床

7:30 出社
     自席の整頓
     残タスクの整理

8:00 資料作成・準備

10:00 チームミーティング

12:00 昼食

13:00 開発

14:30 業務部門への連絡

15:00 お客様との打ち合わせ

16:30 退社

17:30 ペットの世話

19:00 友人と外出

23:00 帰宅

24:00 就寝