第三開発部 第一課
2007年 新卒入社

コミュニケーションが重要な仕事

なぜこの会社に入社したのですか?

元々、地元での就職を希望しており、合同説明会の際に大栄システムという会社を知りました。
高校でプログラムの勉強を少ししていたこともあり、仕事に活かせたら良いなと思い入社を希望しました。

土日、祝日が休みということも魅力の一つでした。


入社前と入社後で会社のイメージは変わりましたか?

入社前はプログラマーやシステム開発でどのような仕事をしているのか具体的なイメージは沸いていませんでした。
プログラムを作るのに黙々とパソコンと向かい合っているのかな?と思っていましたが、実際は同じチームのメンバーやお客様など様々な人と会話をしたりと、コミュニケーションがとても重要な仕事が多いんだなと感じました。


現在の仕事内容を教えてください。

建設機械の稼働情報などを管理するシステムの開発に携わっています。

稼働情報で機械の故障などを事前に検知・通知して、故障する前に修理することを目的とした機能などがあります。そのシステムの改修要望をヒアリングし要件定義を実施したり、スケジュールの調整や設計などを行っています。

ヒアリングした要望をシステムに落とし込むのは時に難しいこともありますが、担当した案件が世界中の方に使用され役立てられていると聞くと、とてもやりがいを感じられます。

会社や職場の雰囲気はどうですか?

仕事にまじめな人が多いこともあると思いますが、普段は比較的静かな気がします。
ですが、休み時間や打合せの合間には雑談や仕事以外の相談などもしやすい雰囲気だと思います。

社内行事も多くありますが、皆さん話しやすい雰囲気で和気あいあいとしています。そういったイベントにも楽しく参加できると思います。


入社を希望する方へメッセージをお願いします。

仕事ではわからないことや不安なことも多くあると思いますが、先輩たちがしっかりとフォローしてくれます。プログラムの経験がない方でも、研修等で技術を身に着けていけるので心配しないでほしいと思います。

また、仕事を続けていくうえでやりがいも大切だと思います。
社長や上司との距離感も近く自分が頑張ったことをよく見てもらえるので、きちんと評価してもらえていると実感でき、やりがいにもつながります。

8:00
出社
8:15
メール確認
8:30
チームミーティング
10:00
要件定義書作成
12:00
昼食
13:00
お客様レビュー
15:00
進捗の打合せ
16:00
要件定義書作成
17:30
退社